英語の研究会情報一覧

英語研究会

英語
6月

立教大学英語教育研究所主催公開講演会 「やる気」と「やり方」を考える―外国語学習の成否に関わる2つの要因について―

日時 13:25~17:00
主催 立教大学英語教育研究所
会場

オンライン開催(Zoom ミーティング)

内容

講師:竹内 理 氏(関西大学外国語学部教授)

 

講演1(13:25~15:05)
「外国語学習での動機づけを考える—学習意欲を高めるための10 の方策」
外国語学習の成否に影響を及ぼす学習者要因には、様々なものが考えられます。その中でも、もっとも大きな影響を与えるとされるのが動機づけ(motivation)です。本講演では、まず、動機や動機づけのメカニズム、動機づけ方略の役割などを、理論と実証データから概説していきます。その後、これまでの知見に基づき、外国語の教室場面で応用が出来る10 の学習意欲を高めるための具体的な方策を提示し、今後の授業改善に資する提案を行ってみたいと考えています。時間が許せば、ポジティブ心理学との関わり(フロー理論、拡大・構築理論など)についても、言及してみたいと思います。

 

講演2(15:20~17:00)
「外国語学習での方略を考える—過去からの知見と未来への提言」
本講演では、第二言語の学習方略(strategy)研究と、その応用に焦点を当て、過去の研究を振り返り、現在の状況を確認し、今後の研究への方向性を示して行きたいと思います。はじめに、(1)学習成功者の研究、(2)学習方略の分類、(3)使用のバリエーション、(4)方略クラスター、および(5)方略指導の効果など、この分野の主要なトピックを概観していきます。次に、L2 方略研究の問題点をまとめ、その解決策について議論します。続いて、方略の概念を自己調整(self-regulation)の概念に置き換えていくトレンドについて議論し、その利点と問題点を比較します。最後に、研究の方法論と教育への応用について取り扱い、学習方略研究の将来に関しても言及したいと考えています。

お申し込み方法

下記の登録フォームからお申し込みください。
http://s.rikkyo.ac.jp/ea1d5c5

申し込み締切日

6/10 締切

お問い合わせ先

鳥飼慎一郎 Ph. D.(立教大学名誉教授、英語教育研究所所員)
Email:tori(A)rikkyo.ac.jp
※メールでお問合せの際,(A)を@に書き換えて頂けるようお願い致します。

ページトップ

閉じる

先生向け会員サイト「三省堂プラス」の
リニューアルのお知らせと会員再登録のお願い

平素より「三省堂 教科書・教材サイト」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
サービス向上のため、2018年10月24日にサイトリニューアルいたしました。
教科書サポートのほか、各種機関誌(教育情報)の最新号から過去の号のものを掲載いたしました。
ぜひご利用ください。

はじめての方へ 三省堂プラスとは?
「三省堂プラス」は、教科書を使った指導などをサポートするための会員サイトです。
全国の小学校、中学校、高等学校(高等専門学校を含む)、特別支援学校の先生方、
教育委員会関係の方にお使いいただけます。ご登録・ご利用は無料です。
これまで会員登録されていた方へ
サイトリニューアルに伴い、会員システムが新しくなりました。
大変お手数ではございますが、会員の再登録をお願い申し上げます。