三省堂 発行書籍
「新たな学び」を支える国語の授業 下 ―思考力・判断力・表現力の育成を目ざして

「思考力・判断力・表現力等」の育成は、現在の学校教育における最重要課題となっている。国語科においてこれらの能力を育むための「新たな学び」のあり方を、文学と伝統的な言語文化の授業を通して考究する。

  • 中洌正堯 監修  吉川芳則・長崎伸仁・尾川佳己 編著
  • 2013年 6月 20日 発行
  • 定価 2,000円+税
  • B5判  192頁  ISBNコード 978-4-385-36592-3
  • 対象 小・中・高

三省堂WebShopで購入

著者紹介

中洌正堯 (なかす・まさたか)

広島大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。広島県公立中・高等学校、鳥取大学を経て、兵庫教育大学学校教育学部助教授、教授、評議員、学部主事、学校教育研究センター長、研究科長、学長を歴任。現在、兵庫教育大学名誉教授、国語教育探究の会代表。

石丸憲一 (いしまる・けんいち)

静岡大学教育学部卒業。兵庫教育大学大学院修士課程修了。静岡県公立小学校教諭、創価大学教育学部准教授、同大学院教職研究科准教授を経て現在、同教授。

岸本憲一良 (きしもと・けんいちろう)

兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了。奈良県公立小学校教諭、奈良県教育委員会指導主事、山口大学教育学部助教授を経て現在、同教授、教育学研究科国語教育専修主任。山口県学力向上アクションプラン推進委員(座長)、下関市学力向上推進委員等。

香月正登 (かつき・まさと)

山口大学大学院教育学研究科修士課程修了。小野田市立高千帆小学校を初任として山口県公立小学校教諭。現在、下関市立小月小学校勤務。

関連書籍

関連書籍画像

「新たな学び」を支える国語の授業 上 思考力・判断力・表現力の育成を目ざして

本体1800円+税 B5判 152頁 978-4-385-36591-6
2013年 6月20日 発行

目次

まえがき

第Ⅰ部 「新たな学び」を支える表現の授業
  第Ⅰ部の構成
  ○理論編
   ① 単元を組織して表現力を鍛える
   ② 書くこと」で表現力を育てるために
   ③「共創力」をそだてる
   ④「一・五人称の視点」で書く力を育てる


 ○実践編
   ① 入門期における「観察したことからたとえて表現する」生活文の授業  書くこと 小学校1年
   ② 思考力に着目し、論理形式や言語技術と内容をつなげる  書くこと 小学校2年
   ③ 日常の中に感動を見つけ、発想力を育む俳句の授業  書くこと 小学校2年
   ④ 題材の工夫と相互評価で表現力を育てる短作文の授業  書くこと 小学校2年
   ⑤ おもしろい詩を書く発想力を高める「習得」から「活用」の授業  書くこと 小学校2年
   ⑥ 「作文レシピ」で《いつも書いている》クラス作りを  書くこと 小学校3年
   ⑦ 生活文を物語風に書くことで表現力をつける「書くこと」の授業  書くこと 小学校4年
   ⑧ 「書きたい」と思える詩の授業  書くこと 小学校4年
   ⑨ マイ言葉辞典 書くこと 小学校4~6年
   ⑩ 意見文を適切に書くための「書く視点」の作成と活用  書くこと 小学校5年
   ⑪ 二段階の取材・構成で表現力をアップする意見文の授業  書くこと 小学校6年
   ⑫ 運動会新聞作りで表現力を育てる短作文の授業  書くこと 小学校6年
   ⑬ 「場の構成の工夫」で話し合いを展開する力を育てる音声言語の授業  話すこと・聞くこと 小学校2年
   ⑭ インタビューからスピーチ力の育成へ  話すこと・聞くこと 小学校3年
   ⑮ 「三文」を原形に説明力を育てる習得・活用の授業  話すこと・聞くこと 小学校4年
   ⑯ 役割を意識しながら、表現力が育つ話し合いの授業  話すこと・聞くこと 小学校4年
   ⑰ 〈分かる〉〈考える〉〈書く〉が一体化する説明文(言語教材)の授業  書くこと 中学校2年
   ⑱ 鍛えよう表現力! コラボレーション短歌の授業  書くこと 中学校2年
   ⑲ 「話し合いを振り返り、自分の考えを深める」表現力を育てる授業  話すこと・聞くこと 中学校1年

あとがき

同じカテゴリの書籍

ページトップ