三省堂 発行書籍
俳句の授業ができる本

新学習指導要領に盛り込まれた俳句の創作は、全ての教育活動の核として機能する可能性を秘めている。「俳句は難しいもの」と不安を感じる先生方に、誰でも五分で一句作れる俳句創作指導法を伝授する。

  • 日本俳句教育研究会  三浦和尚 夏井いつき
  • 2011年 1月 30日 発行
  • 定価 2,000円+税
  • B5判  112頁  ISBNコード 978-4-385-36515-2

三省堂WebShopで購入

著者紹介

会長 三浦和尚

広島県生まれ。広島大学教育学部卒。中学校・高等学校国語科教諭を経て、現在愛媛大学教育学部教授。これまでに、教育学部附属幼稚園・小学校の園長・校長を兼務した経験がある。全国大学国語教育学会理事、日本国語教育学会理事、日本教育大学協会評議員など。三省堂小学校・中学校・高等学校国語教科書編集委員会著者代表。著書に、『「話す・聞く」の実践学』(三省堂、2002 年)、『「読む」ことの再構築』(三省堂、2002 年)、『国語教室の実践知 ―確かな学びのための25 のキーワード』(三省堂、2006 年)他多数。

副会長 夏井いつき

愛媛県松山市在住の俳人。俳句集団「いつき組」組長。8年間の中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。テレビ、ラジオの出演の他、俳句の授業「句会ライブ」を開催、全国高校俳句選手権「俳句甲子園」の運営にも携わるなど、全国的に幅広く活動中。三省堂小学校国語教科書編集委員。著書に、句集『伊月集 梟』(マルコボ.コム、2006 年)、『子供たちはいかにして俳句と出会ったか ―夏井いつきの俳句の授業』(創風社出版、2000 年)、『100 年俳句計画 ―五七五だからおもしろい!』(そうえん社、2007 年)他多数。

「日本俳句教育研究会」は、「俳句」を教材としたさまざまな教育活動の可能性を研究実践する教師・俳句愛好家らによって構成され、その研究成果の情報交換を目的とする会です。新学習指導要領において、国語科で「創作」が位置づけられるのを機に、平成20 年に結成。平成23 年度からの小学校での実施に備え、俳句を愛する教師を増やし、日本中の子どもたちに俳句の楽しさ、日本語の美しさ豊かさを知ってもらいたい、との思いで活動中。国語科のみならず、全ての教科、全ての教育活動の核として「俳句」が機能することを実践検証する方向へ、さらなる研究を進めています。
「日本俳句教育研究会 ブログページ(http://e-nhkk.net)」では、毎月開催の実技研修句会や年1回の「日本俳句教育研究会・研究発表大会」の詳細など、会からの情報を案内中。入会及び会費は無料です。
お問い合わせ先:日本俳句教育研究会事務局 e-nhkk.info@e-nhkk.net

目次

はじめに

 教室での俳句創り

 第一章 簡単俳句作りのコツ

 第二章 句会ライブをやろう 基本編

 第三章 句会ライブをやろう 応用編

 第四章 句会ライブ導入のために クイズ編

 第五章 選句力をつけるためのノウハウ

 第六章 年間を通した俳句指導の在り方

 付録 「音俳句」句会ライブのサンプル音CD
基本サンプル音 チョーク,蒸気機関車
応用サンプル音 鍾乳洞,洗濯屋,自動車修理工場,
溶岩流,中央駅,雪の牧場

同じカテゴリの書籍

ページトップ