平成29年度用 高等学校国語教科書
古典A

平成29年度用 高等学校国語教科書 古典A

マイリストボタン

古典A 15 三省堂 古A306 B5判・152ページ

学習指導計画作成のための資料ダウンロード

シラバス案PDF(452KB)Word(276KB)一太郎(329KB)
評価規準例PDF(487KB)Word(240KB)一太郎(291KB)
編集の趣旨PDF(171KB)Word(38KB)一太郎(28KB)

特色

古文編・
漢文編

古典のおもしろさを味わい,言葉への理解を深める古文編・漢文編
・古文は,説話の代表的な作品を配列。短く簡潔で,興味深く読めるものを厳選しました。
・漢文は,思想・漢詩・史伝を配列。現代とのつながりについて考えることができるものを厳選しました。

コラム

古典の世界に親しむコラム
・古典の魅力や現代とのつながりについて解説したコラムを随所に設けました。

内容解説資料

『古典A』内容解説資料全ページダウンロード(14ページ)

PDF(12MB)

目次

『古典A』『古典A』目次

古文編
イントロダクション

蜂飼いの大臣 ― 古事談

恵心僧都の母 ― 発心集

宇治拾遺物語

百鬼夜行

観音になった男

◆ 古文のとびら①説話のおもしろさ

呪いを知らせた犬

絵仏師の執心

◆ 古文のとびら②芥川龍之介と説話

古典に関連した近代の文章を読もう
地獄変

芥川龍之介

夢を買う

袴垂と保昌

後の千金

◆ 古文のとびら③説話と中国の故事

応天門炎上

歌詠みの徳

◆ 古文のとびら④絵巻のいろいろ

今昔物語集

絵師と大工

玄象の琵琶

姨母捨山

◆ 古文のとびら⑤古典の中の「同じ話」

武士の祭り見物

十訓抄

笛吹き成方

行成と実方

◆ 古文のとびら⑥説話の登場人物

古今著聞集

義家と宗任

女盗賊

相撲の勝負

漢文編
イントロダクション

塞翁が馬 ― 淮南子

朝三暮四 ― 列子

杞憂 ― 列子

◆ 漢文のとびら①今に生きる故事成語

論語

孔子の人となり

孔子と政治

老子

大道廃れて,仁義有り

天下水より柔弱なるは莫し

荘子

渾沌

◆ 漢文のとびら②孔子ってどんな人?

漢詩

竹里館(王維)

峨眉山月歌(李白)

臨洞庭(孟浩然)

登高(杜甫)

◆ 漢文のとびら③李白と月

三国志

三たび往きて,乃ち見る

資料編

古典参考資料

古典文法要覧

本書で学ぶ古文の基本単語

漢文の読み方

覚えておきたい故事成語

旧国名・都道府県名対照図

平安京条坊図・内裏・大内裏

春秋時代要図・戦国時代要図

中国参考地図

目次を全て表示

教師用指導書

古典A 指導資料

ISBN978-4-385-76152-7
定価(本体15,000円+税)

①指導資料本冊(3分冊),②教師用教科書,③DVD-ROM(基本テスト,評価問題集,補充教材集,教科書原文,発問例集,ワークシート,テスト問題エディタを収録)

高等学校国語総合 現代文編[改訂版] 指導書

  • 古典A 教師用教科書

    ISBN978-4-385-76154-1
    定価(本体4,500円+税)

    ※教師用教科書は,教科書の紙面に,文章構造や要約,文法事項や口語訳などを刷り込んだ,簡易版の指導資料です。

    高等学校国語総合 現代文編[改訂版] 教師用教科書

  • 古典A 指導資料 PDFファイル版

    ISBN978-4-385-76153-4
    定価(本体4,500円+税)

    ※「指導資料」本冊(3分冊)の紙面をPDFファイルにしたものです。

    高等学校国語総合 古典編[改訂版] 教師用教科書

編集委員(所属は,2014年4月現在)

中洌正堯 なかす まさたか

兵庫教育大学名誉教授

三浦和尚 みうら かずなお

愛媛大学

伊坂淳一 いさか じゅんいち

千葉大学

太田 亨 おおた とおる

愛媛大学

桑原博史 くわばら ひろし

筑波大学名誉教授

斎藤貞博 さいとう さだひろ

元東京都立深川高等学校

株式会社三省堂

表紙・本文デザイン 中垣信夫+川瀬亜美[中垣デザイン事務所]

高等学校国語のよくある質問

『白氏文集』を、「はくしぶんしゅう」と読んでいますが、「はくしもんじゅう」という読み方が一般的なのではないでしょうか。どうして、「はくしぶんしゅう」と読んでいるのでしょうか。

『白氏文集』は、平安時代にわが国に舶載されて以降、「はくしぶんしゅう」と呼ばれました。平安期以後も、しばらくは、「もんじゅう(もんじふ)」の例は見られません。

やがて、明治中期頃より、「呉音・漢音」、「読みぐせ」などの問題が複雑に絡まって、「もんじゅう」という読み方が流布したと考えられます。

以下に参考文献をご紹介します。

松浦友久 『漢詩-美の在りか-』 (岩波新書、2002、75頁・252頁)
松浦友久 「19 ふみは『文集(ぶんしゅう)』『文選(もんぜん)』」 (『『万葉集』という名の双関語(かけことば)─日中詩学ノート─』 所収、大修館書店、1995)
神鷹徳治 「『文集』は<もんじゅう>か<ぶんしゅう>か」 (『高校通信東書国語』 289号、290号、1989)
神鷹徳治 「再論─『文集』は<もんじゅう>か<ぶんしゅう>か」 (『岡村貞雄博士古稀記念中国学論集』 白帝社、1999)
太田次男 「白詩受容を繞る諸問題─文集古鈔本との關聯に於て─」 (『国語国文』第46巻 9号、1977)

こうした研究成果を反映して、弊社高等学校国語教科書では、「はくしぶんしゅう」という読み方を採用しています。

開く

参考にできる「シラバス」はありますか。

「年間指導計画」「観点別評価規準例」「編集の趣旨」「CAN-DOリスト」がダウンロードできるようになっています(「CAN-DOリスト」は英語のみ)。

開く

高等学校国語のよくある質問一覧はこちら

学校の先生向け会員サイト 三省堂プラス

学校の先生のご指導をサポートするための会員制サイトです。
全国の小学校,中学校,高等学校(高等専門学校を含む),特別支援学校の先生方にお使いいただけます。

先生向け教科書サポート 三省堂プラス

関連教科書

おすすめの書籍・参考書・教材

高等学校国語の教科書一覧はこちら

ページトップ