三省堂 発行書籍
小学校で英語を教えるためのミニマム・エッセンシャルズ
小学校外国語科内容論

小学校で英語を教えるためのミニマム・エッセンシャルズ 小学校外国語科内容論

2020年、ついに小学校で外国語が教科化されます。
「小学校で育成を目指すコミュケーション能力ってなに?」
「子どもはことばをどう身に付けるの?」
「音声、文字、語順って言われるけど、英語はどのような特徴の言語なの?」
「児童文学はどう扱ったらよい?」
「異文化理解をどう進めたらよい?」
本書は、こうした疑問に答える専門的知識を概説しています。教員を目指す学生はもちろん、現役教員の学び直しにも最適の1冊です。

  • 酒井英樹(代表)・滝沢雄一・亘理陽一 編著
  • 2017年 7月 7日 発行
  • 定価 1,900円+税
  • A5判  208頁  ISBNコード 978-4-385-36138-3
  • 対象 小

著者紹介

酒井英樹 (さかい ひでき)

信州大学学術研究院教育学系教授。長野県長野市出身。信州大学大学院教育学研究科英語教育専修修了。テンプル大学大学院博士課程修了。教育学博士(Doctor of Education)。長野県公立中学校教諭(2校),上越教育大学専任講師,信州大学教育学部助教授,准教授,教授を経て,現職。専門は英語教育学,第二言語習得。

滝沢雄一 (たきざわ ゆういち)

金沢大学人間社会研究域学校教育系准教授。長野県須坂市出身。信州大学大学院教育学研究科英語教育専修修了。修士(教育学)。長野県公立中学校教諭,同小学校教諭,長野県立高等学校教諭,神戸市立工業高等専門学校一般科講師,福島大学教育学部助教授,同人間発達文化学類助教授,准教授を経て,現職。専門は英語教育学。

亘理陽一 (わたり よういち)

静岡大学学術院教育学領域英語教育系列准教授。北海道札幌市出身。北海道大学教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。静岡理工科大学教育開発センター特命講師,同総合情報学部講師,静岡大学教育学部講師,准教授を経て,現職。専門は英語教育学,教育方法学。

目次

序論(酒井英樹・滝沢雄一・亘理陽一)
第1章 コミュニケーション能力(滝沢雄一・田中真由美)
  コラム❶ 日本における外国語教育(酒井英樹)
第2章 第二言語習得理論(鈴木渉・物井尚子)
第3章 英語の音声(守屋哲治)
  コラム❷ 将来の夢はうそつき?(酒井英樹)
第4章 英語の文字(大名力)
  コラム❸ 鉛筆の望ましい持ち方(小林比出代)
第5章 英語の発音と綴りの関係(大名力)
第6章 英語の書き方(大名力・亘理陽一)
  コラム❹ イギリスにおけるHandwritingの教育目標(小林比出代)
第7章 日本語のローマ字表記(小林比出代・山本玲子)
  コラム❺ 姓名の順番(酒井英樹)
第8章 英語の語彙(髙橋渉)
  コラム❻ アメリカ英語とイギリス英語の違い(髙橋渉)
第9章 英語の文法(田中江扶)
  コラム❼ A bit of “this" and “that." This is it!(亘理陽一)
第10章 相互作用の中で生じる発話の意味と働き(水島梨紗)
第11章 現代社会における英語(寺沢拓敬)
  コラム❽ 気を付けたい「英語教育関連の実態調査」(寺沢拓敬)
第12章 コーパスの活用(小林雄一郎)
第13章 絵本を選ぶ視点(田縁眞弓)
  コラム❾ マザーグース(酒井英樹)
第14章 英語教育と国語教育で扱われる児童文学(友田義行)
第15章 異文化理解(田中真由美)
編著者紹介
さくいん

同じカテゴリの書籍

ページトップ