三省堂 発行書籍
学校で取り組む 情報社会の安全・安心

新学習指導要領に明示された情報モラル教育の具体的ですぐに実践できる事例を豊富に提示。「保護者向け」と「教員研修」の事例も掲載。さらに道徳教育の観点から「心の育成」を目指した情報モラル教育の新たな方策を示す。

  • 堀田龍也・平松茂
  • 2010年 8月 19日 発行
  • 定価 1,500円+税
  • A4変型判  176頁  ISBNコード 978-4-385-36331-8

三省堂WebShopで購入

著者紹介

堀田龍也 (ほりた たつや)

玉川大学教職大学院教授。
文部科学省「学校教育の情報化に関する懇談会」委員をはじめ、教育の情報化に関する政策編成の委員を歴任。
著書に『情報化時代の学校変革力』(高陵社書店・共編著)等多数。

平松茂  (ひらまつ しげる)

岡山市立岡北中学校校長。
文部科学省「教員のICT活用指導力の基準の具体化・明瞭化に関する検討会」委員、岡山県中学校長会理事長、岡山県教育工学研究協議会会長等を歴任。

目次

第1章 学校で取り組む情報社会の安全・安心

第2章 情報モラル教育と心の教育
・情報モラル教育と心の教育
・授業実践 全21例
・校内研修 保護者向け研修

第3章 校務における情報セキュリティ
・校務における情報セキュリティ
・情報セキュリティの校内研修
・研修で使える「絵で見てわかる用語集」

第4章 情報社会の安全・安心にこれからどう取り組んでいくか

同じカテゴリの書籍

ページトップ