中学校 英語 文法・語彙のよくある質問

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    LessonのGETで,疑問文・否定文など2つの項目が配当されているところのねらいはどのようなものでしょうか。

    今回の構成では,1年生後半からPart 1にその文法の肯定文,Part 2に疑問文・否定文という配置を多く採用しています。まず肯定文でその文法のポイントをしっかりと押さえ,疑問文や否定文などの形は言語活動を通して,自然な流れの中で習得することを意図しているからです。実際の授業でも,文法導入の際に肯定文・疑問文・否定文をまとめて指導される先生もいらっしゃることと思いますので,そういった授業にも即した構成となっているのではないかと思います。

     

    また,2年生Lesson 5のGET Part 2(不定詞の副詞用法・形容詞用法)は,形容詞用法が他の項目に比べて習得しやすい項目であること,また活動のバリエーションがあまり多くないことなどの理由で,副詞用法とまとめて提示しています。文法の指導にも,項目によって軽重をつける形で提示した結果,このような配置となっています。

    今回の構成では,1年生後半からPart 1にその文法の肯定文,Part 2に疑問文・否定文という配置を多く採用しています。まず肯定文でその文法のポイントをしっかりと押さえ,疑問文や否定文などの形は言語活動を通して,自然な流れの中で習得することを意図しているからです。実際の授業でも,文法導入の際に肯定文・疑問文・否定文をまとめて指導される先生もいらっしゃることと思いますので,そういった授業にも即した構成となっているのではないかと思います。

     

    また,2年生Lesson 5のGET Part 2(不定詞の副詞用法・形容詞用法)は,形容詞用法が他の項目に比べて習得しやすい項目であること,また活動のバリエーションがあまり多くないことなどの理由で,副詞用法とまとめて提示しています。文法の指導にも,項目によって軽重をつける形で提示した結果,このような配置となっています。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    POINTの基本文が本文と違うのはなぜですか。

    基本文は,以下のような原則で作っています。

     

    ① 文のしくみが見た目でよくわかる。
    ② 既習の文との対比ができるようにする。
    ③ 基本的に新出語は入れない。
    ④ Drill につなげる。

     

    基本文を本文からの引用にすると,文脈への依存度が高くなり,代名詞が使われたり,修飾的な言い回しがつくなど,その一文だけで意味を理解するということが難しくなったり,シンプルな文になりにくいということがあります。(①②)

     

    また,本文から引用された文には新出語が入る可能性があります。本文を理解してからポイント文にいく場合はいいのですが,先にPOINTの基本文に取り組む場合もあるので,新出語を使わないように配慮しています。(③)

     

    さらに,POINTの基本文は,DrillのAの例文となっており,B 以降の語句の入れ替えがしやすいことが求められます。(④)

     

    以上のことから,基本文は,慣れ親しんだ既習語を使い,できるだけ文の構造をとらえやすく,典型的で暗記しやすい文になるようにしました。

    基本文は,以下のような原則で作っています。

     

    ① 文のしくみが見た目でよくわかる。
    ② 既習の文との対比ができるようにする。
    ③ 基本的に新出語は入れない。
    ④ Drill につなげる。

     

    基本文を本文からの引用にすると,文脈への依存度が高くなり,代名詞が使われたり,修飾的な言い回しがつくなど,その一文だけで意味を理解するということが難しくなったり,シンプルな文になりにくいということがあります。(①②)

     

    また,本文から引用された文には新出語が入る可能性があります。本文を理解してからポイント文にいく場合はいいのですが,先にPOINTの基本文に取り組む場合もあるので,新出語を使わないように配慮しています。(③)

     

    さらに,POINTの基本文は,DrillのAの例文となっており,B 以降の語句の入れ替えがしやすいことが求められます。(④)

     

    以上のことから,基本文は,慣れ親しんだ既習語を使い,できるだけ文の構造をとらえやすく,典型的で暗記しやすい文になるようにしました。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    I’mなどの短縮形と,I amなどの短縮されない形の出し方の基準はあるのですか。

    本文中において,初出のものについては,それが対話文であっても完全形で出すということを基本にしています。そのほうが,句の構造を理解しやすいからです。それにより,例えば,willの否定形に関して,won’tがwill notの短縮形であることを知らないことになるというような事態を避けることができます。また,既習のものについては,対話文の中では縮約形,叙述文の中では完全形で出すようにしています。なお,POINTの中では,完全形と短縮形の両方を提示し,学習者がどちらの形に出会っても対応できるように配慮をしています。

    本文中において,初出のものについては,それが対話文であっても完全形で出すということを基本にしています。そのほうが,句の構造を理解しやすいからです。それにより,例えば,willの否定形に関して,won’tがwill notの短縮形であることを知らないことになるというような事態を避けることができます。また,既習のものについては,対話文の中では縮約形,叙述文の中では完全形で出すようにしています。なお,POINTの中では,完全形と短縮形の両方を提示し,学習者がどちらの形に出会っても対応できるように配慮をしています。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    1年の最初がbe動詞から導入されているのはなぜですか。

    以下の観点から,1年Lesson 1については,be動詞から導入しています。

    ①文のしくみがシンプルで学びやすい。(文法指導の観点)

    be動詞の文は一般動詞に比べ,文の構造がシンプルで,初学者にとって学びやすい文法項目であるといえます。例えば,疑問文を作るとき,一般動詞であればdoやdoesなど,肯定文の中にはない語を補わなければなりませんが,be動詞は語順を変えることで疑問文を作ることができます。
    また,一般動詞で自己表現をするとき,I like ~. などの表現を使いますが,複数形などがまだ定着していない初期の段階でこのような表現をさせると,*I like dog. *I have book. など,文法として誤った表現をしてしまうおそれがあります。そういった,初学者に負担の少ない項目から文法を導入することを重視した結果,be動詞からの導入になりました。

    ②出会いのコミュニケーションの場面にふさわしい構文である(話題,コミュニケーションの観点)

    1年の最初に行われる言語活動,「自己紹介」との相性がいいことも理由の1つです。「自己紹介」は,まず「自分の名前」を述べることから始まりますが,それは初対面の人とコミュニュケーションを図っていく際の,第一歩となります。自分の名前を述べる際には,当然のことながらbe動詞を使います。

    ③言語の本質をとらえており,言語教育の第一歩としてふさわしい。(言語教育の観点)

    森羅万象のものごとに名前がついている,という認識は言語の本質です。その本質の部分を,A=Bという形で端的に表しているbe動詞構文は,その言語教育の第一歩にふさわしいものと考え,NEW CROWNではそのような表現をLesson 1に配置しています。

    以下の観点から,1年Lesson 1については,be動詞から導入しています。

    ①文のしくみがシンプルで学びやすい。(文法指導の観点)

    be動詞の文は一般動詞に比べ,文の構造がシンプルで,初学者にとって学びやすい文法項目であるといえます。例えば,疑問文を作るとき,一般動詞であればdoやdoesなど,肯定文の中にはない語を補わなければなりませんが,be動詞は語順を変えることで疑問文を作ることができます。
    また,一般動詞で自己表現をするとき,I like ~. などの表現を使いますが,複数形などがまだ定着していない初期の段階でこのような表現をさせると,*I like dog. *I have book. など,文法として誤った表現をしてしまうおそれがあります。そういった,初学者に負担の少ない項目から文法を導入することを重視した結果,be動詞からの導入になりました。

    ②出会いのコミュニケーションの場面にふさわしい構文である(話題,コミュニケーションの観点)

    1年の最初に行われる言語活動,「自己紹介」との相性がいいことも理由の1つです。「自己紹介」は,まず「自分の名前」を述べることから始まりますが,それは初対面の人とコミュニュケーションを図っていく際の,第一歩となります。自分の名前を述べる際には,当然のことながらbe動詞を使います。

    ③言語の本質をとらえており,言語教育の第一歩としてふさわしい。(言語教育の観点)

    森羅万象のものごとに名前がついている,という認識は言語の本質です。その本質の部分を,A=Bという形で端的に表しているbe動詞構文は,その言語教育の第一歩にふさわしいものと考え,NEW CROWNではそのような表現をLesson 1に配置しています。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    一般動詞の過去形に関して,1年の終わりに不規則変化動詞まで導入されるようになったのはなぜですか。

    自己表現をするとき,過去形の規則変化と不規則変化の両方を学習することで,より言いたいことが表現できるようになると考えたからです。また,実際に使われるのは不規則動詞のほうが多いことも理由のひとつです。なお,一般動詞の過去形に関しては,1年で学習したあとで2年のLesson 1でも復習できるように手当てをしています。

    自己表現をするとき,過去形の規則変化と不規則変化の両方を学習することで,より言いたいことが表現できるようになると考えたからです。また,実際に使われるのは不規則動詞のほうが多いことも理由のひとつです。なお,一般動詞の過去形に関しては,1年で学習したあとで2年のLesson 1でも復習できるように手当てをしています。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    2年Lesson 8の受け身形はなぜbyのない形から導入されているのですか。

    受け身形は,能動形と組み合わせて扱われ,byが使われている形から導入されがちなこともあります。しかし,受け身形は,byがない形のほうが,byがある形よりも圧倒的に頻度が高いといわれています。その理由のひとつに,受け身形が使われるのは,行為者よりも行為を受ける対象に視点や情報の焦点があり,行為者は不明であるか問題にしない場合が多いことが考えられます。一方,byで行為者を明示する場合は,あえて行為者を強調する場合か,新情報として行為者を導入する場合です。受け身形と能動形をセットとしてとらえられ,そのどちらが使用されてもいいというような誤解を避けるよう,そして,受け身形の意味がきちんと理解されるよう,NEW CROWNでは,byのない受け身形から導入されています。

    受け身形は,能動形と組み合わせて扱われ,byが使われている形から導入されがちなこともあります。しかし,受け身形は,byがない形のほうが,byがある形よりも圧倒的に頻度が高いといわれています。その理由のひとつに,受け身形が使われるのは,行為者よりも行為を受ける対象に視点や情報の焦点があり,行為者は不明であるか問題にしない場合が多いことが考えられます。一方,byで行為者を明示する場合は,あえて行為者を強調する場合か,新情報として行為者を導入する場合です。受け身形と能動形をセットとしてとらえられ,そのどちらが使用されてもいいというような誤解を避けるよう,そして,受け身形の意味がきちんと理解されるよう,NEW CROWNでは,byのない受け身形から導入されています。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    3年Lesson 2の現在完了形は,なぜ「継続用法」から導入されているのですか。

    現在完了形は,中学生にとって理解しにくい文法項目のひとつです。これを完了・継続・経験のどの用法から導入するかについては諸説あり,どれかひと つが絶対的に正しいとはいえませんが,NEW CROWNでは「過去から現在までの状態」が現在完了の本質だと考え,その点で,継続用法から導入するのが最も適切だと考えました。

    現在完了形は,中学生にとって理解しにくい文法項目のひとつです。これを完了・継続・経験のどの用法から導入するかについては諸説あり,どれかひと つが絶対的に正しいとはいえませんが,NEW CROWNでは「過去から現在までの状態」が現在完了の本質だと考え,その点で,継続用法から導入するのが最も適切だと考えました。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    使われている単語はどのように選定されているのですか。

    平成28年度版では,主要辞書の頻度ランクのほか,中学校英語の主要教科書(平成24年度版)での出現率,入試などでの出現率,中学生の学習者コーパスでの出現率などを考慮して,語彙を精選,ランク付けしています。

     

    なお,太字の最重要語の多くを1年に配当し,2・3年で繰り返し出現させ,より習得しやすくなるよう配慮しました。
    指導のヒント

     

    ★Wordsに示された新出語のうち,点線(…)より上の単語が学習指導要領で示された1,200語程度にあたります。

     

    ★全て一律にではなく,太字の語彙は意味が言えて,スペルが書ける,細字の語彙は意味が言えるというように,目標を分けて指導することができます。

    平成28年度版では,主要辞書の頻度ランクのほか,中学校英語の主要教科書(平成24年度版)での出現率,入試などでの出現率,中学生の学習者コーパスでの出現率などを考慮して,語彙を精選,ランク付けしています。

     

    なお,太字の最重要語の多くを1年に配当し,2・3年で繰り返し出現させ,より習得しやすくなるよう配慮しました。
    指導のヒント

     

    ★Wordsに示された新出語のうち,点線(…)より上の単語が学習指導要領で示された1,200語程度にあたります。

     

    ★全て一律にではなく,太字の語彙は意味が言えて,スペルが書ける,細字の語彙は意味が言えるというように,目標を分けて指導することができます。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    Words欄の単語の書体の違いは何を示していますか。

    Words欄の点線(…)より上の語が習得すべき語で,点線より下の語がふれるだけでよい語です。 さらに,点線より上の語には「最重要語」,「重要語」の区分けがあります。

     

    ■最重要語(658語): 点線より上の太字語。
    ■重要語(574語): 点線より上の細字語。

     

    ————————————————————————————

     

    ■その他の語(230語): 点線より下の細字語(センチュリー意味付)

     

    ※イタリック体は,まとまりで覚えたい連語,表現を示します(単語とは別扱いの語で,単語数にはカウントされていません)。
    ※USE ReadとLet’s Readは「読みに集中する」という目的があるため,点線より上の語であっても,意味をつけています。

    Words欄の点線(…)より上の語が習得すべき語で,点線より下の語がふれるだけでよい語です。 さらに,点線より上の語には「最重要語」,「重要語」の区分けがあります。

     

    ■最重要語(658語): 点線より上の太字語。
    ■重要語(574語): 点線より上の細字語。

     

    ————————————————————————————

     

    ■その他の語(230語): 点線より下の細字語(センチュリー意味付)

     

    ※イタリック体は,まとまりで覚えたい連語,表現を示します(単語とは別扱いの語で,単語数にはカウントされていません)。
    ※USE ReadとLet’s Readは「読みに集中する」という目的があるため,点線より上の語であっても,意味をつけています。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    NEW CROWNは単語が多くないですか。

    現行の学習指導要領では,中学校で指導する語の総数を1,200語程度としています。平成28年度版NEW CROWNの「最重要語」と「重要語」を合計すると1,232語ですので,突出して単語数が多いということはありません。単語や連語は軽重をつけてご指導 いただけたらと思います。

    現行の学習指導要領では,中学校で指導する語の総数を1,200語程度としています。平成28年度版NEW CROWNの「最重要語」と「重要語」を合計すると1,232語ですので,突出して単語数が多いということはありません。単語や連語は軽重をつけてご指導 いただけたらと思います。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    NEW CROWNの使用語彙は難しくないですか。

    何が難しい語かを簡単に論じることはできませんが,例えば,1年のancestor(Lesson 9),3年のrefugee(Lesson 7)などはそうかもしれません。なぜこのような語彙が使われているのかと言いますと,ひとえに扱われている題材内容の質を高めるためです。生徒の知的興味に応えられる内容を提供しようとしたときに,こうした語彙を用いないで本文を作ることは非常に困難です。最終的にこの種の語の意味をどの程度習得させるかは,生徒の興味や関心によって決まることですが,編集の意図としては,全員がこの種の語をすべて「言えるように,書けるように」ということではありません。そのために,Words欄では点線を境に覚えるべき単語と画然と区別し,日本語の意味が付されているのです。

    何が難しい語かを簡単に論じることはできませんが,例えば,1年のancestor(Lesson 9),3年のrefugee(Lesson 7)などはそうかもしれません。なぜこのような語彙が使われているのかと言いますと,ひとえに扱われている題材内容の質を高めるためです。生徒の知的興味に応えられる内容を提供しようとしたときに,こうした語彙を用いないで本文を作ることは非常に困難です。最終的にこの種の語の意味をどの程度習得させるかは,生徒の興味や関心によって決まることですが,編集の意図としては,全員がこの種の語をすべて「言えるように,書けるように」ということではありません。そのために,Words欄では点線を境に覚えるべき単語と画然と区別し,日本語の意味が付されているのです。

    閉じる

  • カテゴリ 中学校 英語 中学校 英語 文法・語彙

    Word Bankは全部やらなければならないのでしょうか。

    Word Bankの語彙も必修語の対象になっており,その中の新出単語は同じページのWords欄に示してあります。ただし,やらなければいけないというよりは,コミュニケーション活動をしながら,活用を通して生徒に覚えてもらえるものと思っています。現在,先生方は,コミュニケーション活動をされる際,独自のやり方で「生徒が使いそうな語彙」を導入されていることと思いますが,Word Bankの語彙はまさに,コミュニケーション活動で使える単語を,コーパスも駆使しながら選んだもので,同ページにあるPracticeで使えるようにもなっています。ぜひ,Practiceでコミュニケーション活動をしながら,また,イラストを使いながら,気楽に,効率的なかたちでふれていただければと思います。

    Word Bankの語彙も必修語の対象になっており,その中の新出単語は同じページのWords欄に示してあります。ただし,やらなければいけないというよりは,コミュニケーション活動をしながら,活用を通して生徒に覚えてもらえるものと思っています。現在,先生方は,コミュニケーション活動をされる際,独自のやり方で「生徒が使いそうな語彙」を導入されていることと思いますが,Word Bankの語彙はまさに,コミュニケーション活動で使える単語を,コーパスも駆使しながら選んだもので,同ページにあるPracticeで使えるようにもなっています。ぜひ,Practiceでコミュニケーション活動をしながら,また,イラストを使いながら,気楽に,効率的なかたちでふれていただければと思います。

    閉じる

ページトップ